大人ニキビの原因はストレスや生活習慣

大人ニキビ,原因,治す方法

思春期には、ニキビができやすいイメージがあります。
しかし、大人になってからもニキビができやすい方も増えてきています。

 

大人ニキビの原因は、ストレスや生活習慣の乱れ食べ物の偏食など食生活の乱れなどです。
男性、女性に限らず、ストレスを溜め込んでしまうと、ホルモンバランスに乱れが生じます。

 

その影響が皮脂の分泌量を増加することになり、皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が詰まりやすくなります。

 

大人ニキビをなるべく増やさないようにするには

毛穴が詰まり、炎症を起こすことで大人ニキビができたしまうため、ストレスを発散できる環境を整えることが大切です。
悩みを抱えている場合には、周囲の人に相談し、悩みを解決しましょう。

 

また、仕事や私生活でのストレスを抱えてしまっている場合には、休日などにうまく発散できるように、遊びにでかけたり、スポーツをしたりと活動して気分転換することも大切です。

 

また、生活習慣が乱れてしまうことでも、ホルモンバランスが乱れる原因と考えられているため、規則正しい生活習慣を身に着けることも、ニキビ対策になるでしょう。

 

睡眠不足や運動不足は、肌に対してだけでなく、自身の健康のためにも悪影響を及ぼします。

 

できるだけ、改善していけるように心がけ、しっかりと睡眠を取り、適度な運動をすることで、健康維持、またニキビ予防、対策としましょう。


あごやおでこの大人ニキビを治す方法

大人になってからもおでこやあごにできる大人ニキビ、男性・女性問わず悩んでいる方も多いのではないのでしょうか。
そもそもこの大人ニキビとは思春期の頃にできるニキビとは何が違うのでしょうか。

 

思春期の頃にできるニキビは皮脂が過剰に分泌されることにより、毛穴がふさがれることが主な原因のされています。
対して、大人ニキビは皮膚の新陳代謝がうまく行われずに、古くなった角質が毛穴塞いでしまうこが主な原因とされています。

 

また、生活習慣も大きくかかわっており、

  • 睡眠不足
  • 栄養のバランスが悪い食事
  • ストレス
  • 生活習慣の乱れ
  • 紫外線

なども大きくかかわってきます。

 

原因①洗顔のしすぎ

大人ニキビを治す方法は、肌に余計な負担を与えないということが重要です。
洗顔を過剰に行ってしまうと肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい、かえってダメージを与えてしまうことがあります。

 

原因②紫外線の影響

また、紫外線対策は非常に重要で、夏場の強い紫外線から肌をまもるために角質が厚くなりますが、これが毛穴をふさいでしまうことでニキビの原因になるとも言われています。

 

原因③睡眠不足

また、十分な睡眠をとることも重要です。
睡眠中に成長ホルモンが分泌され、肌の再生を行うからです。

 

ニキビの原因はさまざまですが、その多くは生活習慣の改善により取り除くことができます。
今一度自分の生活習慣を見直すことニキビの悩みから解放されるかもしれません。

洗顔などにより大人ニキビを治す方法と化粧品の選び方

ニキビは、青春のシンボルとも呼ばれる様に10代に大量に発生するのが特徴で、皮脂と細菌との相互作用が根本的な原因です。

 

これは、この時期には成長ホルモンのテストステロンの分泌量が急激に増加するので、これにより皮脂腺の働きも活性化します。

 

そして分泌量が急増した皮脂を餌にすることにより、アクネ菌などの細菌が毛穴の中で増殖するのです。
これにより、毛穴が塞がれた状態になり、赤く膨れ上がる炎症性疾患が発症します。

 

なお、テストステロンの分泌量は少なくとも20歳前後には安定するので、思春期型のニキビはこれ以降は減少します。
しかし、全く無関係になるわけではなく、ホルモンバランスが崩れたことにより皮脂の分泌量が増加すると再びニキビが出来やすくなります。

 

このように生活習慣の乱れにより出来るものは、大人ニキビと呼ばれています。

化粧品を選ぶポイント

大人ニキビを治す方法は、まずは根本的な原因であるホルモンバランスを整えることが先決です。
これにより皮脂の分泌量が正常化することにより、炎症が出来にくい環境が形成されます。

 

そして、そのうえで皮脂や細菌が蓄積しない清潔な状態を保つために適切な洗顔を行うのが効果的です。

 

ただし、皮脂は除去し過ぎると分泌量は逆に増加するので、洗浄力の強いアイテムの使用は適当ではありません。
これは、化粧品も同様で、肌への負担が少ないタイプを利用しなくてはなりません。

[しつこい大人ニキビを治す方法を知りたいなら]関連情報